睡眠障害・不眠・睡眠不足解消@Warikiri

起きるときこそ電気毛布!爽快な寝起き

眠る事はとても重要ですが、寝起きもまた重要ですね。

「自分は低血圧で寝起きが悪くて・・・」という人は結高「るようですね。

私の血圧は下が80、上が100行かないくらいだったかな?
お世辞にも高血圧とはいえないほど低いのですが、それでも寝起きは爽快そのものですね。

私は早寝早起きを徹底しているのが、さわやかな寝起きを実現するのに最も効果的だと確信して実行しています。

ただ、これも真冬になると中々布団から出られずに寝起きが悪くなってしまいますね。

そこで効果を発揮するのが電気毛布!

眠る時と違い、起きるときは電気毛布の電源をONにし、体をどんどんあっためてやりましょう。

体が冷たいままだといつまでたっても布団から出られません。

私は起きたらまず電気毛布の電源をONにし、体が温まるまでぬくぬくとスマホでもいじってます。
体が温まるまでに15分ほどかかりますが、その頃までには部屋の暖房も助ェ効いて起きやすい環境になっているでしょう。

冬場は起きるときに電気毛布を助ェ活用してください。




<<<前の記事へ|後の記事へ>>>




■関連画像
[起きるときこそ電気毛布!爽快な寝起き−>a]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
睡眠障害対策
短眠生活



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。