睡眠障害・不眠・睡眠不足解消@Warikiri

ゲーム・テレビは安眠の大敵

皆さん、ゲームはやりますか?

私は無類のゲーム好きだったのですが、今では全くゲームをしなくなりました。

というのも、ゲームは安眠の大敵だとわかったからです。

画面が激しく移り変わるテレビは、「映像が目の裏に焼き付く」ので眠りの妨げになります。

夜中、寝ようと思ってベッドに横たわって目をとじると、ゲームの画面が次から次へと暗闇の中に浮かび上がってきて、気になって眠れなくなってしまいます。

興奮が収まらず、結局1時間、2時間とベッドの中で考え事をして眠れなくなってしまう。

そんな経験を、ゲームをしてる人はしたことがあると思います。

テレビも同じ事で、明るい画面が激しく移り変わる事は、脳を興奮させてしまうので安眠の妨げとなるのですね。

また大音量でテレビを見ることも頭を興奮させるので控えましょう。




<<<前の記事へ|後の記事へ>>>




■関連画像
[ゲーム・テレビは安眠の大敵−>a]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
睡眠障害対策
短眠生活



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。