睡眠障害・不眠・睡眠不足解消@Warikiri

短眠はエンジンがかかるのが人より早い

短眠生活に慣れてくると、朝4時に起きることが普通になってきます。

朝四時に起きるというのは、いうなればおひさまと一緒に起きるようなもの。

朝日とは特別なもので、これを浴びるか浴びないかによって一日のテンションがとても変わってきます。

スピチュアルな考え方で言うと朝日には神聖な力が宿っているともされていますね。

朝はやく起きるということは心にどのような影響をおよぼすでしょう。

通常朝7時に起きる人と比べて、3時間早く起きている状態ですね。

会社が8時半に始まるとして、7時おきのひとは朝食を取り、30分ほどかけて会社につき、仕事を始めます。
まだお腹の中に朝食が残っている状態ですので、なんとなく頭が重く眠気も残る。
いわゆる「エンジンがかかっていない」という状態なわけですね。
頭がはっきりして効率的に仕事が出来るように鳴るまで、10時頃までかかるでしょうか。

反面、短眠者はどのような感じになるでしょうか。
短眠者は朝4時に起き、勉強や副業にせいを出し、7時ころになったら果物やジュースなどの軽い朝食をとり、会社に行きます。

朝は消化の良い果物やジュース程度しかお腹に入れていないので、頭ははっきりしているでしょう。
なにより、7時に起きる人と比べても3時間も早く起きて活動しているので、8時半に仕事場についた頃にはすでにエンジンがかかりフル回転でも問題ない状態。

なので人よりも手早く朝の仕事をこなし、余裕のある状態で午前中を終えることができるというわけですね。



<<<前の記事へ|後の記事へ>>>




■関連画像
[短眠はエンジンがかかるのが人より早い−>b]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
睡眠障害対策
短眠生活



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。