睡眠障害・不眠・睡眠不足解消@Warikiri

体調の悪い時は無理をしない!

短眠を始めると、どうしても短眠生活に体がついてこなくなり、体調を崩す事があります。

特に食事関連の節制により体調が著しく悪くなることが、始めたうちはよくあるでしょう。

肉食中心の生活から菜食へと移行するスピードが早すぎると、腸内の細菌が菜食に対応できずに危険信号を発するわけです。
人間の体というのは上手くできていて、肉食中心の生活をしている頃は肉食で得られる栄養を変化させてバランスを取るのに対し、菜食中心にしても必要な栄養素を腸内細菌が作り出して栄養のバランスを取ります。

けれども、菜食中心の生活をはじめた当初は腸内細菌が菜食に対応できず、必要な栄養を作り出せず体調をくずすことがあるというわけです。

体調を崩したときは無理に菜食をせず、元の肉食を摂るべきですね。

私の場合はとある事情で突然肉食を食べれなくなったので、菜食への移行時に著しく体を壊しました。

連日の腹痛と下痢、そして便秘を繰り返し、体はみるみるうちに痩せていき、目の周りにくまができました。

こんな状態が1ヶ月ほど続きましたが、1ヶ月ほど続くと菜食で必要な栄養素を腸内細菌がうまく作り出せるようになるのか、体調は回復して行きました。



<<<前の記事へ|後の記事へ>>>




■関連画像
[体調の悪い時は無理をしない!−>b]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
睡眠障害対策
短眠生活



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。