睡眠障害・不眠・睡眠不足解消@Warikiri

4時間短眠の食べ方

さて、短眠と肉食の関係について述べて来ましたが、次にどのようにして食べればいいのかを述べます。

短眠者は食事量を削る必要があります。
食事は1回につき2〜3時間の睡眠を必要とする。
少なく食べれば2時間、多く食べれば3時間、胃腸が食べ物を消化するために使った疲労を回復するため、休息の時間が必要となるわけですね。

故に、食事量は腹7〜8分程度に抑えること。

これはとても重要です。

次にどのようにして食べるかというと、「50回以上かんでたべる」という事です。
短眠者は基本的にベジタリアンですが、野菜や穀物類は食物繊維が多く、普通の人のように10回以下の噛み数ではかえって消化に負担がかかります。
なので、50回以上かんで食べることが重要。

次に、食事中は水分をとらない。
50回以上かんで食べていれば分かりますが、ここまで噛むと食べ物は口の中でトロトロの流動食状態となり、飲み込むのはそれほど苦痛ではないですね。

なぜ水分が厳禁なのかというと、水分を沢山取ると胃酸が薄まり、消化に多くの時間を要するようになるためです。
消化に時間がかかれば、当然睡眠時間は長くなっていきます。



<<<前の記事へ|後の記事へ>>>




■関連画像
[4時間短眠の食べ方−>b]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
睡眠障害対策
短眠生活



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。