睡眠障害・不眠・睡眠不足解消@Warikiri

短眠の副次的な効果1「集中力」

実際に短眠を実施するようになると、様々な良い変化が訪れてきます。

短眠自体が普段の生活で使える時間が3〜4時間増えるという、とても良いメリットがあるのですが、それ以外にも沢山の良い効果が現れてきますね。

まずは集中力が上がってきます。
人は空腹になると集中力が上がることが知られていますが、これは太古の昔に狩りをする際に得られた迫ヘだと言われていますね。
空腹になるということは餓死の危機にさらされているため、なんとしても動物を狩って食べなければならない。
なので相当集中力を持続させなければならないという生活を、私たちのご先祖様は送ってきたのでしょう。

この強力な集中力は、寝起き時が最も強く、時間が経過するに従い徐々に低下していきます。
短眠が生活スタイルに組み込まれている人の寝起き時の集中力は凄まじく、私の場合は3時間ほど勉強に対して集中することができます。

普段だと1時間程度が限界なのですが、ぶっ続けで3時間楽に勉強できる集中力というのは良いですね。

副業も勉強もはかどるのでお勧めです。



<<<前の記事へ|後の記事へ>>>




■関連画像
[短眠の副次的な効果1「集中力」−>b]に関する関連の画像です。
トップへ戻る

■項目
睡眠障害対策
短眠生活



Copyright (c) 2004-2017 omoti inc.
当サイトで使用している画像・記事は無断転用禁止です。
当サイトで使用しているすべての画像・写真の著作権は管理人omotiにあります。
写真以外の物も、リンク用バナー以外は無断転用禁止です。