アルコールと睡眠の関係

「お酒が睡眠薬の代わりだ!」という人もいると思います。

まぁそれも良いでしょう。

ただ、お酒を飲むと睡眠の質が悪くなるという事実は知っておいたほうがよいでしょう。

お酒も過食も胃腸系に大きな負担をかけてしまうので、その分体力を消耗してしまいます。
お酒を体の中で無害な物質に変えるというのは相当の疲労。
肝臓さんには頭が下がりますね(笑)

お酒を飲むと確かに眠りやすくはなるのですが、眠り自体の質は低下してしまうので、できればほどほどにしたいところ。

気をつけなければならないのが睡眠薬とお酒を飲み合わせることですね。
お酒と交じることで睡眠薬が効きすぎてしまい危険な状態になることもありますので注意してください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です