食べ方が睡眠に関係がある?

さてさて、食事量がいかに睡眠に対して大きな影響を与えているかについて書きました。

では、今度は食事の質について考えてみましょう。

食事はとにかく「沢山噛むこと」が重要。

要するに胃腸への負担を減らせば、その分睡眠時間を減らすことができるわけです。
なので沢山噛むことによって食べ物を細かく粉砕し、胃腸が消化しやすくするというのが重要というわけですね。

一口口に入れたら50回かむことが理想とされています。

日本語が大体50文字くらいなんで、「いろはにほへと~」と一言ごとにひとかみするのが良いでしょう。

とにかく現代人は食べ物を噛まな過ぎます。
よく噛んでゆっくり食べることで、睡眠量を減らすことが可狽ノなる。

意外に知られていない快眠の奥義ですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です