astora

短眠生活

早朝勉強の1時間は3時間に匹敵

さてさて、早朝の利用法として私は勉強を強くおすすめしているわけです。 3~4時間という時間があれば、大抵の資格は取得出来ますし、英語もそうとう堪能になるでしょう。 特におすすめは計算を使う資格。 早朝は頭のなかに...
短眠生活

短眠で浮いた時間を何に使う?

短眠生活を始めると、朝に使える3~4時間という時間の量に圧倒されてしまいます。 毎日3~4時間を勉強に使えば、一年もすれば1000時間。 大抵の高難易度資格は取得できてしまいますね。 読書に使えば、年間300冊超えも夢...
短眠生活

短眠は腹が減る!けれど水の飲み過ぎは厳禁

短眠生活を始めると、一日二食の生活を強いられることになります。 一日三食から二食へと食事量が減ると、はじめのうちはとかく腹が減って減って仕方ありません。 朝に軽めの食事やジュースをとるにしても、それ以外のものをとらない...
短眠生活

短眠を始めた頃の体調不良

短眠を始める際は、あくまで自分にあったペースで進めるべきです。 今まで8時間眠っていたのに、いきなり4時間睡眠にチャレンジするなんていう無謀なことはやめてください。 一時間睡眠時間を減らすのに、1ヶ月はかけるべきです。...
短眠生活

体調の悪い時は無理をしない!

短眠を始めると、どうしても短眠生活に体がついてこなくなり、体調を崩す事があります。 特に食事関連の節制により体調が著しく悪くなることが、始めたうちはよくあるでしょう。 肉食中心の生活から菜食へと移行するスピードが早すぎ...
短眠生活

短眠はエンジンがかかるのが人より早い

短眠生活に慣れてくると、朝4時に起きることが普通になってきます。 朝四時に起きるというのは、いうなればおひさまと一緒に起きるようなもの。 朝日とは特別なもので、これを浴びるか浴びないかによって一日のテンションがとても変...
短眠生活

短眠の副次的な効果2「陽気になる」

私は短眠を始める以前はかなりネガティブな思考の持ち主でした。 何かと自分を蔑み、人の事を羨ましがり、妬ましく思うこともありました。 けれども、徹底した短眠生活を導入し、菜食を心がけるようになってから、不思議とこういった...
短眠生活

短眠の副次的な効果2「若返り」

短眠を続けていると、不思議なことに活力が湧いてきます。 短眠を継続的に続けるためには、各種の食事制限を行う必要があります。 肉食を断って菜食中心の食生活にし、毎日決まった時間に寝起きし、食事量を腹八分程度に抑えて・・・ ...
短眠生活

短眠の副次的な効果1「集中力」

実際に短眠を実施するようになると、様々な良い変化が訪れてきます。 短眠自体が普段の生活で使える時間が3~4時間増えるという、とても良いメリットがあるのですが、それ以外にも沢山の良い効果が現れてきますね。 まずは集中力が...
短眠生活

肉食を断つ・・・短眠生活は欲しいが

肉食を中心の生活をしてきた人にとって、肉食を断つというのがいかに辛いか。 これは私も20歳頃に経験しているのでよーくわかるのです。 わかるのですが、短眠を実現すると決めた以上、肉食は断たなくてはなりません。 私が...
短眠生活

短眠生活と体重の変化

短眠を実現するには食事のスタイル自体を変更しなければならないことは、今までの記事を読んでいただければわかると思います。 肉食中心の生活を改め、玄米菜食への移行。 魚類は食べても良いですが、その量は減らします。 一日3食腹いっ...
短眠生活

短眠は一日にしてならず

毎日8時間睡眠をしている人が、突然4時間短眠生活にしようというのは無理があります。 短眠を実現するためには、毎日少しずつその睡眠時間を削っていく必要があるのです。 「今日は5時間睡眠だ。一週間前は6時間だったな。一ヶ月...
タイトルとURLをコピーしました